老後の貯金はいつからどうやって貯める?

お金をふやす

老後の貯金はいつからどうやって貯める?

退職後の生活の事を考えて貯金を始めようと考えたことはありませんか?

人生100年時代と言われ、退職後の生活費はいつからどうやって準備すれば良いのか悩むところですね。
年を重ねることはどんな人でも平等にやってくるもの。

退職後の生活費は年金だけでは足りないと言われている中で、老後の資金はいつからどうやって貯めれば良いのでしょうか?

今回は老後の資金をいつからどのように貯めれば効率的か。また危険な状態についてもお伝えしたいと思います。

老後の貯金はいつから貯めればよいのか?

老後の資金はいつから貯めれば良いのかですが、結論からもうしあげますと、お子様の教育が終わってからでは遅いかなと思います。

お金を貯めれる時期は人生の中で3回しかありません。

独身の時
お子様がまだ小さい時
お子様の教育が終わった時
 

お子様が社会人になる時、あなたの年齢はいくつになりますか?

退職後の生活資金準備、いわゆる老後の資金ですがイメージとして、子どもの教育が終わってから
あなたがそう思っているのであればちょっと確認してほしい事があります。

あなたのご家庭ではお子様が社会人になる時あなたは何歳でしょうか?

昔は20代で結婚、出産が普通でしたが今は30代で結婚、40代で出産のご家庭も珍しいことではありません。

例えば、お子様を35歳でご出産された場合、お子様が大学を卒業して社会に出るのは22年後となります。そうすると、お子様が社会に出るのはあなたが57歳になります。

定年が65歳だとしてもそれまでに資金準備ができる時間はたったの8年しかありません。

8年で頑張って毎月5万円を貯めていったとしても8年後に貯まるお金は480万円です。

老後の資金は正確に言うと「退職後の生活費」になります。
年金だけでは足りないので、生活のために貯蓄を切り崩していくという意味合いです。

頑張って8年間毎月5万円貯めて行っても480万円。
例えばですが、生活費に20万円が必要で年金で入ってくるお金が夫婦合わせて15万円。
不足分が5万円だとすると、8年で貯金が底をつく計算になってしまいます。
・・・これではちょっと不安ですよね?

 
老後資金はできるだけ早くから準備された方が安心です。
お子様の教育費もかかる時期とバランスを取りながら、実行していきたいですね。
 

老後の資金を意識するのは45歳

45歳というお歳はお子様がいらっしゃる方はじわじわと教育資金がかかって来たり、仕事でもベテランレベルの方が多いと思います。ご家庭を守る主婦の方でもベテランママの方が多く居て、毎日忙しい日々を送られている時期だと思います。

日々の生活の中で、見落としがちなのが老後の資金準備です。

退職まであと20年というターニングポイントの45歳で、もう一度老後の資金について考える時間を取る事をおススメ致します!

準備をまだしていない方はどのように準備すれば良いのか考えなければいけないですし、準備をしてきた方は今の現状を確認され、改善した方が良い場合は対策を考えたいところです。

 

老後資金は順調に貯まっていますか?

45歳になったら、「貯蓄スキル」は持っていたいものです。
「貯蓄スキル」とは毎月積み立てで貯金ができている事や、積み立てで貯まったお金を衝動的に使わない事。

「貯蓄」は何のために貯蓄をするのか、明確にしておくと積立をやめてしまったり、衝動的にお金を使う事もしなくなります。

老後資金の場合は将来の自分のための仕送りと考えて、意味を明確にしておきましょう。

45歳になったら、退職を迎えるお歳までに資金が順調に育っているか。
目標額にはいくら足りないのか。同じ方法で上手くいくかどうか。
そんなところを確認したいターニングポイントの年齢でもあります。

老後の資金準備を加速するなら「投資」がオススメ

もし、投資をしていない人は投資のルールを学んで投資スキルを身に着けられると良いと思います。
投資は上がったり下がったりするものですが、投資とは一体なんなのか。リスクを回避する方法はどんな方法があるのか。きちんと学んでいくと、怖くはありません。

45歳から始めても、ぎりぎりまだ間に合う年齢かもしれないですよ。

 

子どもの教育費と日々の生活費で余裕がないなら危険信号

あなたが45歳でお子様の教育費と日々の生活費で貯蓄もできない、投資に回すお金なんてないともし、おっしゃるなら、厳しめの言葉でごめんなさい。

言い換えると、あなたは将来のあなたのために仕送りができないってことになってしまいます。

私は、そのことをとても心配しているのです。

今、投資も貯金もできない人は実はたくさんいると思っています。

もし、今将来のあなたのためにあなたが仕送りできないと将来のあなたはいつまでも働かなければいけないですよね?

体力も45歳の今とは全然違う中、若い人と一緒になってもしくは若い上司の下で働かなければいけません。

投資も貯金もできない人が多いので将来あなたのような境遇の人がたくさん出てくるでしょう。

将来のあなたにその時代に合ったお仕事のスキルがあるでしょうか?

もしかしたら、将来のあなたは時間をお金に換えるようなそんな仕事であっても他にも仕事を探してる人が多くてなかなか仕事すら見つからないかもしれません。

私はあなたにそんな将来を迎えてほしくないと思っています、

投資や貯金に回すお金が足りないなら、お金を稼ぐことも視野に入れて!

節約も固定費の見直しも実行してもそれでも将来のためのお金が足りないなら収入を増やしましょう!

今は副業をしている人も少なくありません。こんな時代ですから、皆さん工夫をして頑張っていらっしゃいます。

「副業」とインターネットで検索するとありとあらゆる情報が出てくる時代です。

今のお仕事のスキルを棚卸してできる事は無いかと考えられてはいかがでしょう?

アルバイトなどで自分の時間をお金に換えるのは手っ取り早い稼ぎ方ですが今の時代は個人で起業される方も少なくありません。

週末起業なんて言葉がはやりましたがご自身でお仕事を持つことも視野に入れても素敵ですよね。

老後の資金のためにライフプランを作って将来の確認を

あなたのライフプランを作るにあたり、私はお手伝いができます!

ライフプランは何度書いても良いのです。以前、ライフプランを書いた時と、今のあなたでは環境も、あなただけでなく家族の考え方もきっと変わっているでしょう。

45歳になったら、将来のあなたのためにもう一度ライフプランを書いてみて将来のあなたと向き合ってはいかがでしょうか?

あなたが想像していた将来も見えてくると思いますが、それだけではなく、きっと、色々な発見も
あると思います。

まとめ

老後の資金、退職後の生活費を準備するにはお子様の教育が終わってからではちょっとのんびりしすぎている事お分かりいただけましたでしょうか。

じゃあ、いつまでも一生働こう!とおっしゃる人もいらっしゃいますが将来の年老いた自分に負担をかけるのもよくないですよね。

しっかりと将来の自分のための仕送りをするつもりで、ライフプランを見直してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました