住宅ローン控除の初年度手続きはいつ?確定申告は何をすれば良いの?

住宅ローン

住宅ローン控除の初年度手続きはいつ?確定申告は何をすれば良いの?

マイホームを買った人は初年度だけ「確定申告」が必要です。

確定申告なんてしたことない。どうすれば良いのかわからない!方のために、そもそも確定申告とは何かからまた、住宅ローンの仕組みや住宅ローン控除って「得なのか」どうかをお伝えしたいと思います。

 

確定申告とは?

確定申告とはあなたの昨年の収入から納める税金(所得税)を「確定」していくら納めるのか「申告」する手続きです。

あなたが1年間(1月1日~12月31日)に収入を得た人が、昨年の収入はこうでした。所得税はいくらになります。と「申告」して税金(所得税)を納めるために書類を提出することです。

税金を納めるだけでなく、納め過ぎた所得税を返してもらうためにも同じ書類を税務署に提出して手続きします。

提出場所はあなたのお住いの管轄税務署です。
インターネットで「あなたの住所 税務署」と検索すると調べられますよ。

また、分からない事があったら気軽にお電話して記載の方法等を教えてくれます!税務署に直接行っても税理士の先生が教えてくれますよ!

確定申告の提出期限原則翌年の2月16日~3月15日に行います。

もうそろそろ、今年の申告の人は準備が必要ですね!

 

『確定申告』と『年末調整』との違い

あなたがサラリーマンなら、毎年11月、12月ごろになると会社で「年末調整」の用紙を提出すると思います。

あなたが毎年収入はあるけど「確定申告」をしたことがないのは会社で「年末調整」をしているからです。

会社ではあなたの所得税はこれくらいだろうなとあなたのお給料の中から毎月天引きしています。あなたの1年間の所得が決まる「年末」にあなたの所得税を計算して、天引きした金額が多ければあなたにお金がその分戻ってきますし、少なければ徴収してあなたの所得税を「調整」すること。これが年末調整です。

確定申告が必要ないのは年末調整をしているからですね。

住宅ローン控除とは?

マイホーム(自分で住む家)を買った人は「ローン残高の1%」を「10年間」!
支払う「税金額から引いてくれます」※2019年1月現在

ローン残高の上限は4000万円です。

「認定長期優良住宅」「認定低炭素住宅」の場合は住宅ローン残高5000万円となります。

例えば、
あなたの普通のお家を買ってマイホームローン残高が4000万円以上だったら4000万円の1%=40万円

あなたの所得税は本来あなたが支払う所得税から40万円を引いた金額だけで良いですよってことです。

40万円の割引が10年間できますね!

 

『住宅ローン控除』のためには年末調整が必要です

「住宅ローン控除のため」マイホームを買った最初の年に確定申告をすると、その後毎年「年末調整での控除」が受けられるので、マイホームを買ったら一度だけ確定申告が必要なんですね。

ちょっと大変なのは1年目だけです。

あなたが確定申告をしたことなければちょっと気が重いのもわかりますが、でも、どんどん上がる税金が安くなるなら確定申告したほうがお得ですよ!

 

確定申告に必要な書類一覧(あなたがサラリーマンの場合)

確定申告書(A)
(確定申告書には「A」と「B」がありますが、
会社員は「A」を使います。)
入手先:税務署または国税庁のサイトから

◆本人確認書類の写し
・マイナンバーカード
または
・マイナンバー通知カードか
・マイナンバーが記載されている住民票
と、
・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
入手先:市町村役場等

◆建物・土地の登記事項証明書
入手先:法務局

建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)の写し
入手先:あなたが不動産会社と契約した書類

◆源泉徴収票
入手先:勤務先

住宅ローンの残高を証明する「残高証明書」
住宅ローンを借入した金融機関から送られてきます

耐震基準適合証明書又は住宅性能評価書の写し
(一定の耐震基準を満たす中古住宅の場合)
入手先:あなたが契約した不動産会社

認定通知書の写し
(認定長期優良住宅・認定低炭素住宅の場合)
入手先:あなたが契約した不動産会社

確定申告の書き方ですがそんなに難しくありません。
確定申告書類の説明を読めば書けるレベルですから心配ありませんよ。
一応、見本を掲載しておきます。

『住宅ローン控除』の節税効果とは?

住宅ローン控除は「所得が多い人」にとっては大きな節税効果を発揮します!

住宅ローン控除はあなたが支払う所得税からがっさりと住宅ローン控除分を引いて良い仕組みですから所得が多くてなんとか節税したい人はその効果を発揮しますよ。

しかも10年間続くのですから大きいですよね!

 

あなたの10年後のライフプランは大丈夫ですか?

住宅ローンの節税は10年間しかできません。
10年後に本来払うはずの税金がどっと乗ってくるのを忘れてはいけません。

あなたの10年後、あなたは何歳になっていますか?お子様の学費がかかる時と重なっていませんか?

もし出費が重なっているとしたら節税分をしっかり貯めるなど備えておく対策も必要ですね。

 

家を買うのは消費税増税後が得?

消費税10%後にマイホームを買った人は住宅ローン控除が13年間受けられるんですよ!

来年10月に予定されている消費税率10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、平成31年10月1日から平成32年12月31日までの間に入居した場合を対象に、住宅ローン減税の控除期間を3年間延長(建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税)することとされました。

国土交通省ホームページより
報道発表資料:マイホーム購入をお考えの皆様へ、住宅ローン減税の控除期間が3年間延長されます!~平成31年度税制改正 消費税率引上げを踏まえた住宅取得対策~ - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

大きな買い物は消費税が10%に上がる前にと思っている方は多いと思います。消費税は今まで3%、5%、8%とじわじわ上がっていますが上がった直後は消費が冷え込み今までの増税後はなかなかお金が回らなくなった現象があるそうです。

 


無料でお金に関する相談を行っています

知らないと損をしてしまいます!
ブログだけではお伝えしきれない事がたくさんあります!
詳細ページをご確認の上、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

まとめ

マイホームを持つと節税効果が見込めますがその分維持費もかかりますのであなたのライフプランを眺めてしっかりと対策を立てて行きたいですよね!

コメント