年金はいつどんな時もらえるの?知っておきたい年金基礎知識

お金管理「知恵袋」

年金はいつどんな時もらえるの?知っておきたい年金基礎知識

老後の生活設計について不安がある現役世代の方は約半分以上もいらっしゃるようです。
あなたが、将来国からもらえる年金。気になりますよね?

年金は65歳以降にもらえるものだけではない事をご存知でしょうか。
今回は国の制度である公的年金の基礎知識についてお伝えします。

『年金』はいつから加入するの?

『年金加入』いつから年金を支払うの?という事ですね。

日本国民は20歳以上になったら学生であっても『年金加入』が義務付けられています。

 

年金の支払いは20歳から

年金は20歳以上で、日本に住んでいる人が支払うことになっています。

たとえ外国籍であっても年金に加入(支払う)する必要がありますよ。

20歳以上で学生の場合は申請をして年金の支払いを免除する特例制度もありますが基本的には扶養者が支払う事になります。

年金は「国民皆年金制度」といって年を重ねてから年金がもらえない人をなくすために、国民すべての人が何らかの年金制度に加入する仕組みになっているのですね。

 

年金は被保険者(加入者)の種類があります

まずはこの図を見てください。

年金は働き方によって、上記の図のような年金の加入の仕方によって被保険者の種類があるという特徴があります。

被保険者とは年金を支払っている現役世代の人の事を言いますが、その区分種類は3つです。

 

1.第1号被保険者

自営業の方、学生、フリーランスで働く人とその家族は 国民年金として年金を支払います。
その家族は扶養者であっても20歳以上は加入しなければいけません。

掛け金は毎年変わります。
16,340円/月(2018年度)
16,410円/月(2019年度)
毎年じわりじわりと上がっていますね・・・。

 

2.第2号被保険者

会社員。私学の教職員や国家公務員の人が該当します。

掛け金は「お給料に比例して」決められています。第2号被保険者の良いところは会社が厚生年金や共済年金の手続きを行ってくれる事と労使折半と言って約半分の掛け金を会社が負担してくれています。

 

3.第3号被保険者

第2号被保険者の妻(扶養者)が該当しますが、夫を扶養している場合でも同じです。

加入の手続きも配偶者の勤務先が行いますし、保険料も配偶者の加入している年金から支払われるので、年金を支払っていないような錯覚になりますが、きちんと加入していますので心配ありません。

 

年金は3階建て構造になっています

上記の図でご確認いただいたように年金は3階建て構造になっています。基本的には図のようになっています。

今の時代はずっと同じ働き方ではありませんよね。会社勤めの人が途中で自営業者になったりまたその逆もしかりで様々なパターンが考えられますね。

将来もらえる年金が一番少ない人は国民年金(1階部分)だけの人です。
サラリーマンをしていた人が働き方を変えて国民年金だけになってしまう事も少なくありません。
その場合、厚生年金の人であっても将来もらえる老齢年金は退職後の生活費として十分なものである可能性は薄いですから、国民年金の人はなおさら今のうちに手を打っておきたいものですね。

 

『年金』はどういうときにもらえるの?

年金をもらう一般的なイメージは年を重ねて退職後にもらえるものですね。 年金がもらえるケースはそれだけではないのをお聞きになったことはありますか?

年金を受け取るケースは3つあります。

1.老齢年金

支給開始年齢に達した時。(原則65歳)これが一般的に言われている年金ですね。
この年金は「自分が65歳以上になった」ことからもらえる年金です。

 

2.遺族年金

被保険者が亡くなった時。
生計を維持されていた遺族がいる場合に「遺族がもらえる年金」です。

 

3.障害年金

病気やケガで障害が残った人場合にもらえる年金です。
※障害等級により受け取る年金額は変わります。

「年金」というと遠い将来に退職後に受け取る場合を想像しますが、実際のところはそれだけでは無いのですね。

 

『年金』は自分が将来もらうための貯金ではない!

『年金』は自分が払った分だけもらえるか?というと、そうではないのです。

『年金』とは将来の自分のために貯金をする制度ではないのですね。これは『年金』の仕組みがわかると理解が深まります。

年金は「世代間扶養」という考え方がある

現在、年金を現在支払っている人は将来の自分の為に「貯蓄している」のではありません。

公的年金は世代間扶養という考え方があり、あなたが年金として納めたお金は今、年金をもらっている人に「今」使われているのです。

将来、あなたが年金をもらう年齢になったら子どもや孫の世代が支払う年金をあなたがもらうことになります。

ここに、大きな問題があるのですね。

少子化、超高齢化が進む日本は平均寿命が延びて年金をもらう人が増加する中、年金を支払う人が少なくなります。

当然、私たちが年金をもらう頃には少ない年金額を大勢で分けることになり、たとえ年金を満額支払ったとしても生活費として十分な金額はとても見込めないのではないかと、感の良いあなたは予測されるでしょう。

だったら年金の支払いを今すぐやめてしまおうと強引な考え方をする人もいらっしゃるようですがそれはご自身のためにはならないと思います。

単純に年金の良いところは「生きている限りもらえる」からです。

自分の貯金だったら、貯金が底を尽きてしまえばそれで終わり。でも、年金は生きている限りもらえるもの。

もしかしたら自分が支払った以上に年金がもらえるかもしれないです。
ですから、年をとって働けない時は助かる仕組みですよね!

人生100年時代と言われる中、老齢年金はずっともらうことができる素晴らしい仕組みだと私は思います。

年金手帳はお持ちですか?

基礎年金番号が記載された年金手帳を無くしてしまった場合、各種変更の届出(退職時、転入・転出時、氏名変更時等)、そして肝心の年金の請求ができなくなります。

以前は年金手帳をなくしてはいけない事から、退職まで会社で預かるケースがほとんどでしたが今は個人情報の問題から会社で預からず、個人で年金手帳を管理する場合が多くなっています。もし、無くしてしまった場合はお勤めの会社へ相談されるか、お住いの市区町村や年金事務所へご相談して再発行をお願いしておきましょう。

あなたがまだお若くて年金は年を重ねて遠い将来もらうものと思っていても、あってはいけないですが、あなたが障害状態になってしまって若くして年金を受取る可能性もあるとしたら、年金手帳が手元にあった方が安心ですよね。

こちらもぜひ参考にクリックしてくださいね!

 

 

まとめ

『年金』の事を考えると頭がいたいですね。将来、いくらもらえるのかは実は誰にも分らないんです。もらえるかもらえないかと言うともらえると思いますが、その年金だけで生活ができるか?というと、難しいところだと思います。

今こそ、年金について真剣に考えてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました