ローリスクで投資をするならどんな商品を選べば良いの?

お悩み相談室

ローリスクで
投資をするなら
どんな商品を選べば
良いのでしょう?

最近、投資に興味が
ある方がふえています。

特に若い方は
お給料が増えない中
ご自身の将来の
年金はどうなるんだろう
といったご不安があって
投資への関心が高まっている
と感じています。

今回は
✔ローリスクの投資はどんな商品
✔NISAやiDeCoはローリスクなのか
✔商品選びができない時はどうするか

この3つについて
お伝えいたします。

ぜひ最後までご覧ください。

ローリスクで投資をするならどんな商品を選べば良いの?

ローリスク投資はどんな商品?

今回のご質問は
20代後半の女性からの
ご質問です。

「投資は値動きがあって
資産が減る事もあるので
とんでもない!って
思っていました。

でも最近NISAとかiDeCoとか
良く耳にするようになって
知り合いの人も
結構投資をしていると聞き
興味を持っています。

ローリスクなら
投資をしても良いかな?と
思うのですが
ローリスクで投資をするなら
どんな商品を選べば
良いのでしょうか?」

あまりリスクなく
投資を始めたい
というご希望ですね。

まずは「リスク」という
言葉の整理をしておきましょう。

投資の世界でいう「リスク」とは値動きの幅の事

「リスク」というと
一般的には危険なもの
怖いものという意味で
使いますね。

でも、投資の世界で言う
「リスク」とは
意味がちょっと違うんです。

「リスク」という意味を
ご理解されると
商品を選ぶ際も役立ちますよ。

「リスク」とは変動幅のこと

投資の世界で言う「リスク」とは
変動する幅の事なんですね。

投資には値動きが
必ずありますから
上がったり
下がったり
するものです。

その値動きの幅が
大きいほどリスクは
大きくなります。

値動きの幅が大きいと
いう事は儲かる可能性もあるし
逆に資産が減る事も
あるって事なんですよね。

今回のご質問
「ローリスク」で
となると
リスクが低い事に
なりますから
値動きがあまりない
ってことですね。

時々、
投資はしたいけど
あまりリスクを
取りたくないと
おっしゃる人が
いらっしゃるのですが

値動きがあまり無いと
資産もあまり増えません。

これはこれで
もったいないことでは
ありませんか。

ローリスクで
資産がどんどん増える商品
というのは
存在しないんですね。

まずはこの事を覚えて
おいてくださいね。

ローリスクだとか
変動幅が低いものに
投資をするのではなく

投資にはリスクが
必ずあるので
そのリスクと
うまく付き合っていくために
できる限りできる事をして
リスクをコントロールしていく
と言う考え方はあります。

ローリスクではなくリスクをコントロールするという考え方

ローリスクだとか
変動幅が低いものに
投資をするのではなく

投資にはリスクが
必ずあるので
そのリスクと
うまく付き合っていくために
できる限りできる事をして
リスクをコントロールして行く
と言う考え方はあります。

投資は
「先の事はわからない」ので
投資をする時は
できる部分だけ
徹底的にリスクをコントロール
しておく考え方ですね。

その一つに
「分散投資」という考え方が
あります。

分散投資とは
投資先を分散しておくこと。
そして、投資をする時間も
分散すること。
なんですね。

投資の世界で
「卵はひとつのかごに盛るな」
という有名な格言がありますが

なぜ、分散をするのか
というと
投資先が一つだと
もしその投資先の
値動きが落ちてしまったら
投資した資産は
当然、減ってしまいます。

なので、
投資をする時は
投資先を分散しましょう。
という考え方なんですね。

NISAには「つみたてNISA」
そしてiDeCoは毎月積立で
投資をして行く方法です。

これは投資時間の分散に
なりますから
こうした意味では
リスクがコントロール
できますので良いですね。

NISAやiDeCoはローリスク?

時々、
NISAやiDeCoは
ローリスクだと
思われている人が
いらっしゃいます。
それはちょっと
違うんですね。

NISAやiDeCoは
日本政府が国民に投資を
してもらうのを応援するのが
目的です。

NISAは
投資で出た利益の
税金を払わなくていいとか

iDeCoは
iDeCoで投資をした
金額は全額税金から
控除するという

政府が行う
「応援制度」なんです。

政府がやっている事=ローリスク
ではないんです。

なので、
NISAやiDeCoという制度が
対象となる投資商品でも
変動幅が大きい商品が
あるんです。

変動幅が大きいとは
リスクが高い事を
意味します。

特にNISAは注意したいですね。

なので、
NISAやiDeCoなら
「何でも大丈夫」では
決してありません。

肝心なのは
その投資商品の
「中身」なんですね。

もし、商品の中身を
ご自分で判断できないの
でしたら
NISAやiDeCoをされる前に
投資の知識を
お付けになってから
でないと
とても危険なんですよ。

実際に投資をする前に「知識」をつけましょう

投資で成功されるには
まずは「知識」を
身に着ける事です。

商品を選ぶのは
実は一番最後なんですね。

投資を始めようとすると
「どんな商品がいいかな」と
商品に目が行きがちですが
それは失敗する
確立が高くなるんですね。

運転免許を持っていない人が
いきなり高速道路で
運転をするようなもの。
おススメはできません。

どうやって
知識を身につければ良いの
とお悩みの方のために

今、FPの知恵を
無料のLINE講座で
公開しています。

これは一般的な人が
将来のご自分の資産を
作っていく方法なんです。

投資をする時の
順番もお伝えしています。

ご自身の資産づくりや
投資のスキルを磨きたいと
真剣に考える方だけに
お伝えしたい内容です。

まとめ

ローリスクで
投資をするなら
あまり値動きのない
投資先を選ぶって
事になりますね。

投資とは
資産が増えるものに
お金を投じて
ふやしていく事です。

ローリスク(値動きのない)
投資先に「投資」をするのは
これはこれで
時間がもったいないと
私は思います。

できるなら
ミドルリスク・ミドルリターンを
狙いたいところです。

投資商品の選び方が
お分かりにならない場合は
投資をされる前に
まずは「知識」を
お付けになる事を
お勧めします。

知識0からでも大丈夫!無料LINE投資講座

お金を貯めるためにケチケチ節約・・・
将来のお金を考えるとため息が・・・

そんなツラい事をしなくても「お金にも働いてもらう」と効率良くお金を貯められます。

でもどうやって?!・・・知りたいですよね!

その方法をお伝えするために
「お金にも働いてもらう知恵」という
無料のLINE投資講座を作りました。
あなたの将来が大きく変わるかもしれません。

▼ご登録はこちら
【無料】LINE投資講座 「お金にも働いてもらう知恵」

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました