家財の保険金額300万円では足りない?算出方法と注意点についても

保険

家財の保険金額300万円では足りない?算出方法と注意点についても

家財保険の保険金額はいくらに設定すれば良いのでしょう?
家の中にある家財道具の金額を一覧表にして合計すれば正確な数字が出てくるのですが、そんなこともしていられないですし、一度計算しても生活していく中で家財道具は増えていくものです。

自分の家のものを全て計算しなくても目安になる考え方があるのです。
今回は家財保険をいくらにすればよいのかをお伝え致します。

 

家財保険の保険金額目安は?

家財保険の保険金額をいくらにしたら良いのか。
実は年齢と家族構成で目安が決まっているのです。

実感としてはこんなに家財があるのか?と言ったお声も聞こえてきそうですが、これくらいの金額が目安なんですね。

家財保険金300万円は「単身世帯の目安」だったのですね!

この金額を参考としてうちはものがあまりないとか、うちは高価なものがある等で産出額を決定されると良いと思います。

家財とは家の中にあるTVや冷蔵庫、洗濯機、掃除機、テーブル、ソファ、ベッド、ふとん、机、本棚、本、キャビネット、食器棚、食器、なべ等、タンス、衣類、靴、カバン、日用品、趣味の道具等々。結構家の中には荷物がいっぱいありませんか?

ちょこちょこ購入していると結構な金額になりそうですよね。
特に高齢になればなるほど高級志向になる傾向がありますので、家財でも高価なものを持っている事が多いです。

保険は万が一の場合に使うことになりますが、火災保険の場合は今まであったものがいきなりなくなってしまうような精神的な苦痛が大きいです。

そんな時にお金の面で助けてもらうために家財保険は持つものですから、保険金額は単身世帯のような少ない金額ではなく慎重に考えられた方が良いと思います。

 

家財に30万円以上の高価なものがある場合は申告を!

おうちの中に30万円以上する美術品や骨とう品。宝石、貴金属などがある場合は家財保険に加入する際に申告をしておきましょう。

個別に保険証券に明記されることで保障の対象となります。

申告がない場合は保険証券に明記されないので、補償はされませんので注意が必要です。
実は家財保険には身近に使える機能がありますので、そちらも活用したいですね!

まとめ

家財の保険はいるのかな?と思ってしまいがちですが、しっかりとお持ちになった方が良いです。
おうちが壊れただけでなく、いつも使っていた家財も何もなくなってしまった時にお金の面で助けてくれるのは保険だけしかありません。

火災保険、地震保険だけでなく家財保険もしっかり備えておくことをお勧めします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました