投資はギャンブル?お金をふやすのに知っておきたいポイントとは

お金をふやす

投資はギャンブル?お金をふやすのに知っておきたいポイントとは

投資なんてお金が殖えるか減るか確実性はないからギャンブルと同じだよね。
昔の私もそう思っていました。

投資とギャンブルが同じだったら将来の資金をギャンブルで殖やすなんてとても怖くてできません。

今回は投資とギャンブルの違いを知って、あなたはどんな方法があっているのか考えて頂くヒントをお伝えしたいと思います。

 

投資はギャンブル?その違いとは?

「投資」は「ギャンブル」と間違えられることがあります。実は、全く別物なんですよ!
「ギャンブル」と間違えられるのは「投機」なんですね。え?「投機」って何?と思った方もいらっしゃるでしょう。今回は「投資」「投機」「ギャンブル」の違いをお伝えしますね。

投資とは?

投資とはコツコツ「時間をかけて」お金を育ていく方法です。
投資には『鉄則』と言われる2つのルールがあります。

 

投資の2つのルールとは

1.株、国債などは「長期的」に持つこと
2.
投資先は「分散」して持つこと

長期的に持つと経済の成長に合わせてあなたの株や国債が殖えていく仕組みですね。

分散する意味は株が上がると国債が下がる国債が上がると株が下がる。国債と株は相関関係にあると言われています。どっちに転んでも良いように分散しておくのですね。

投資先を分散する真意は値動きがある中で、いつ、どうなるかわからないから色々なものを持っておくのですね。

 

『投資』の分散先は国内にとどまらず世界にも目を向けて

分散先は日本国内だけではなく世界に目を向けると、分散効果がより一層高まります。

世界には成長している企業、国がたくさんありますよ。日本の小さな枠にとどまらず、あなたの将来は世界経済の大きな波と共に期待したいですよね。

 

『投機』とは?

では、『投機』とは何を指すのでしょうか?

 

『投機』は短期的に利益確保を目指す方法

価格変動の大きい中で「短期的」に利益の確保を目指す方法です。「価格の安いときに買って、高いときに売る」だけです。

文字でお伝えすると簡単なのですが、これがなかなか難しいのですね。

 

『投機』を行う時の注意とは?

私たちの「脳は危険が大嫌い」なんですって。

変動する相場を目の当たりにすると「脳」は真逆のことを行ってしまいます

もし、あなたが持っている株が急激に下がってしまったら、あなたは「危険」を感じて持っている株を「今すぐにでも手放したい」と思ってしまうはずです。

また、どんどん価格が上がっていると評判の株や投資信託があったとします。
これを聞いたあなたは「私も一つ乗っかってみようかな?」なんて思いませんか?

冷静に考えるとか価格は高い状態ではありませんか?

もし、普段の買い物だったらどうでしょうか?いつも買っている缶コーヒーがもし、倍の値段になっていたら?「また安くなったら買おう」と瞬時に冷静な判断ができると思います。

お金を殖やすのに価格の安いときに買って、高いときに売るのではなく、真逆の「価格の高いときに買って、安いときに売ってしまう」こんなことが起きやすくなるのも「投機」の特徴なのですね。

「投機」は短期売買ですから初めて株や投資信託を持つ人にはなかなかおすすめできない方法です。

投機の例としては

・短期で株式を売買する
・FX(デイトレード、スキャルピング)など

「投機」をされるのであればネット証券のデモ版などで試してからではいかがでしょうか。いきなり現金を投入するのはとても危険な行為だと思います。

 

『ギャンブル』とは?

これは言わずもがな(笑)「趣味」の範囲だったら良いと思いますし、絶対やらないでとはもちろん言いません。

結構、皆さんお好きなんですよね。ギャンブル。

ただ、あなたの将来において確実に必要な資金を競馬やパチンコなどで殖やすのはちょっと、現実的ではないのは明らかですよね。

 

お金を殖やすのにあなたの容認度はどこまででしょうか?

お金を殖やす行為において、相場は上がったり、下がったりするものです。上がり続けるものも、下がり続けるものも世の中にはありません。

この動きにあなたがどれだけ付き合えるかがお金を殖やす成功の鍵になります。

初めての人はまず「投資」をされてある程度の期間付き合って相場の上がり下がりになれたところで「投機」に目を向ける方が良いでしょう。

 

投資商品を選ぶ前に重要なのはあなたの「リスク容認度」

どんな投資をしようかな?と考えたときに一番重要なのは投資商品ではなく、あなたがどれだけ値動きの上がり下がりに気持ちが耐えられるか。これを「リスク容認度」と言います。

あなたが容認できるのは「投資」まででしょうか?
それとも「投機」まででしょうか?

こちらも参考にしてみてくださいね!

 

まとめ

お金を殖やしたい!と思った時に長期で『投資』にするのか。
短期スパンで利益を見込む『投機』なのか、
それとも瞬間的に利益を生む可能性がある『ギャンブル』なのか。

かける時間は短ければ短いほど、お金が減るリスクは高くなります。どこまでの容認度があるのか、
一度考えてからお金を殖やす方法を選ぶ事が一番大切なんですね。

もし、あなたが持っている株が急激に下がってしまったら、あなたは「危険」を感じて持っている株を「今すぐにでも手放したい」と思ってしまうはずです。

また、どんどん価格が上がっていると評判の株や投資信託があったとします。
これを聞いたあなたは「私も一つ乗っかってみようかな?」なんて思いませんか?

冷静に考えるとか価格は高い状態ではありませんか?

もし、普段の買い物だったらどうでしょうか?いつも買っている缶コーヒーがもし、倍の値段になっていたら?「また安くなったら買おう」と瞬時に冷静な判断ができると思います。

お金を殖やすのに価格の安いときに買って、高いときに売るのではなく、真逆の「価格の高いときに買って、安いときに売ってしまう」こんなことが起きやすくなるのも「投機」の特徴なのですね。

「投機」は短期売買ですから初めて株や投資信託を持つ人にはなかなかおすすめできない方法です。

投機の例としては

・短期で株式を売買する
・FX(デイトレード、スキャルピング)など

「投機」をされるのであればネット証券のデモ版などで試してからではいかがでしょうか。いきなり現金を投入するのはとても危険な行為だと思います。

 

『ギャンブル』とは?

これは言わずもがな(笑)「趣味」の範囲だったら良いと思いますし、絶対やらないでとはもちろん言いません。

結構、皆さんお好きなんですよね。ギャンブル。

ただ、あなたの将来において確実に必要な資金を競馬やパチンコなどで殖やすのはちょっと、現実的ではないのは明らかですよね。

 

お金を殖やすのにあなたの容認度はどこまででしょうか?

お金を殖やす行為において、相場は上がったり、下がったりするものです。上がり続けるものも、下がり続けるものも世の中にはありません。

この動きにあなたがどれだけ付き合えるかがお金を殖やす成功の鍵になります。

初めての人はまず「投資」をされてある程度の期間付き合って相場の上がり下がりになれたところで「投機」に目を向ける方が良いでしょう。

 

投資商品を選ぶ前に重要なのはあなたの「リスク容認度」

どんな投資をしようかな?と考えたときに一番重要なのは投資商品ではなく、あなたがどれだけ値動きの上がり下がりに気持ちが耐えられるか。これを「リスク容認度」と言います。

あなたが容認できるのは「投資」まででしょうか?
それとも「投機」まででしょうか?

こちらも参考にしてみてくださいね!

 

まとめ

お金を殖やしたい!と思った時に長期で『投資』にするのか。
短期スパンで利益を見込む『投機』なのか、
それとも瞬間的に利益を生む可能性がある『ギャンブル』なのか。

かける時間は短ければ短いほど、お金が減るリスクは高くなります。どこまでの容認度があるのか、
一度考えてからお金を殖やす方法を選ぶ事が一番大切なんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました