投資の初心者さんは投資の種類とリスクをまず知りましょう!

お金をふやす

投資の初心者さんは投資の種類とリスクをまず知りましょう!

株で儲けたとか、投資をやって儲かったとか失敗したとか。
お金を殖やすことには興味あるけどいまいち、その実態がわからない・・・

何故なら、日本では学校でまったく触れられていないからですね。

今回は投資も株もFXも仮想通貨もどれも同じに見えるあなたのために(私も最初は同じでしたから
お気持ち良く分かります)最初に知っておいて頂きたい種類と投資の基本的なお話をお伝え致しますね。

投資とは?

主に経済において、将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。 どのような形態の投資も、不確実性が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性も高まる。

ウィキペディア

言い換えると「将来性」を予測して、今持っている「資金」を「投入」して収益を得る事。ですね。

一般的に収益率が高いと不確実性も高まるとありますね。

投資』はたくさん儲けが出るかもしれないならその分「減る可能性」も同じくあるものです。

 

『投資』の種類とリスクを知ろう

『投資』と言うと、あなたは何を思い浮かべますか?株ですか?FXですか?ちょっと前にはやった仮想通貨?投資と言うとすぐに何が良くてどうすれば儲かるの?と思うのが人情だと思いますが、それはまだまだ先の話です。まずは、その種類とリスクを知りましょう!

リスクが低い順に記載して参ります。

国債(リスク低)

国債とは「国」が国の信用のもと発行する金銭上の債務です。

もう少し平たく言うと、「国」に投資してくれたら何年後にいくらの利息をつけて返しますよ。こんな仕組みです。国がなくならない限り、元本割れはしませんのでリスクは低いですよ。ただ、資金が殖える!レベル感で言うと微妙です。

外国債ですと為替のリスクがプラスされますが日本国債だったら円のままです。

個人でも買える個人向け日本国債は3種類。1万円から買えます。

  • 変動10年(満期10年後)金利0.05%
  • 固定5年(満期5年) 金利0.05%
  • 固定3年(満期3年) 金利0.05% 
    ※2019年1月現在

今は、銀行の定期預金に入れるよりましかな?という感じですね。

 

投資信託(リスク中~高)

何に投資したら良いかわからないならプロに投資をお任せできるのが投資信託です。その種類は星の数ほどあります。

中身は外国を含む国債や株など比較的リスクが低いものから高いものまで、ありとあらゆるものでできています。

「プロに任せるなら必ず資金が増えそう」と思ってしまうのが人情ですが、プロでも難しいのが投資の世界。

私はこれで何度も痛い思いをしましたから、投資されるのであれば慎重になって頂きたいと本当に思います。

 

株式(リスク高)

株とは会社が発行する『株券』の事。「株式会社」と名前が付いていればその会社も『株』を持っています。

投資を考える時の『株』とはたくさんの人から資金を調達する目的で上場した会社の株を買ったり売ったりして差益を得るための投資ですね。

 

株式投資の仕組み

株は企業が動資金を集めるために発行をします。
あなたが株を買う行為はその企業の応援ともなりますね。

その企業はあなたのお金が入るのでそのお金で仕事を増やして収入を得られます。

会社は仕事で得たお金を投資したあなたに返金(株主配当)したり、プレゼントとして自社のサービスを提供(株主優待)します。

 

株式投資のリスクとは?

その企業の活動に将来性があったり、人気がある場合は株の値段も上がりますが、反対に不祥事や良くないうわさでも株は売られて値段が低くなるといった不安定さがあるものです。

あなたがその企業のファンで株価が上がっても下がってもその会社の株を持っていることに意義がある!と思っていらっしゃるなら話は別ですが、1社だけの株を買うのはとてもリスクが高いものと覚えておいてくださいね。

 

不動産投資(リスク高)

あなたが賃貸物件を所有し人に貸して収益を得る投資を言います。

将来的な価値とすると不動産は年々その価値は減りますから「投資」と言っても収益が一番の目的になりますね。

働かなくても毎月家賃収入が入るなんて安定しているように感じますよね。

 

不動産投資はコストがリスクになります

まず、維持費がかかります。物件の清掃費、修繕費、賃貸の広告宣伝費、仲介手数料、固定資産税など。結構コストがかかるものですよ。

 

不動産投資は空き家リスクも

これからの日本は人口も減っていくのであなたの物件に入ってくれる人がいなければ、収入自体が途絶えます。

元々持っていた土地が駅前で好条件ならば土地代はただですから良いのですが、不動産投資は個人的にあまりお勧めできないなぁと思っています。

特にローンを組んでまで賃貸物件を買うのはお勧めできません。
ローンの支払いが終わってから初めて利益になります。

別のリスクとしてはあなたの物件に住む人がもし事故などを起こしたら物件自体の価値がどんと下がります。

 

不動産投資をするなら物件は複数所有したほうが良い

もし、不動産投資をされるのであればアパートを複数棟とかお持ちになることをお考えになると良いと思います。

 

FX(リスク超高)

主婦がFXで億単位の利益を出した!
なんて聞くと思わず心が動いてしまいますが、リスクは相当高いです。

 

FXは売る人と買う人で売買が成り立つものどちらかが損をしてどちらかが得をしています

どちらかが得でどちらかが損をする事をゼロサムゲームと言いますがFXはこの要素が大きいです。

何も学習せずにFXをするのは運転免許を持っていない方がいきなり高速道路で運転をすると同じくらい危険な行為なので、お辞めになった方が良いと思います。

 

仮想通貨(リスク超高)

2017年冬ごろに仮想通貨ビットコインに期待して投資をしたので億単位の利益が出た!ととても話題になりましたね。

 

仮想通貨は『新しい技術』に投資をするものです

これはブロックチェーンという新しい技術を使った通貨ですね。

ビットコイン以外にも仮想通貨はたくさんあります。どれが良いという話ではありません。

ビットコインも話題になってから急激に価格が下落しました。これもリスクが高い投資先です。

 

『投資』と『株』は同じようで全く違います

『投資』とは株もふくめた運用商品を一定額を積み立てながら長期に保有し資産を育てて行くもの。

『株』とは会社が発行するもので人気によって値動きがあるものです。投資をする上での運用先ですね。

しかし、『株』を一時的に保有して売り買いをするのは『投資』とは言えません。これは『投機』にあたるんですね。

こちらも参考にしてみてくださいね!

 

まとめ

投資と一口に言っても思い浮かぶその投資先やリスク度合いは異なります。投資に目を向けるのは
これからの時代の必須スキルだと思いますが、そのリスク度は同じではありません。

まずは、その種類を知って頂くことこれが最初の一歩です。

投資はルールがあるのですね。そのルールは別の機会にお話ししたいと考えていますが、ルールを守って実行すればリスクを回避しながら上手に資産を殖やすことが可能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました