コロナで住宅ローンの支払いが遅れたらどうなる?危険な理由をわかりやすく解説

住宅ローン

コロナで住宅ローンの支払いが遅れたらどうなる?危険な理由をわかりやすく解説

新型コロナの影響で、住宅ローンの支払いが遅れる人が多くなっています。

もし、住宅ローンの支払いが遅れたらどうなるのでしょうか。

そして、住宅ローンの支払いが遅れると何故危険なのでしょうか。

今回は住宅ローンの支払いが遅れたらどうなって、何が危険なのかをわかりやすく解説します。

住宅ローンの支払いがちょっとでも遅れたら確認したい内容です。

 

新型コロナで住宅ローンの支払いが遅れたらどうなる?

住宅ローンの支払いが遅れたらどうなるのかを時系列でわかりやすく解説します。

どのくらいの期間、住宅ローンを滞納すると、どうなるという事がお分かりになると思いますよ。

住宅ローンの支払いが遅れたら『催告書』が届く

滞納1か月~3か月目

債権者(住宅ローンを借りているところ)から、あなたの自宅に「住宅ローンを滞納していますので、支払ってください」と催促の通知が届きます。

詳しく説明すると「遅延返済金」と「損害金」を○月○日までに返済してください。と具体的な期日が書いてある催促です。

この時点では、厳しいものではないのですが、住宅ローン支払いが1度でも遅れると、この時点で住宅ローンの借り換えをする時に1年以内に住宅ローンの滞納があるかをチェックされますから、住宅ローンを組む事にも不利になるんですよ。

住宅ローンの支払いが遅れると良いことは一つもないので、早めに手を打ちましょう。

 

この時点で考えたいことは「月々の返済額を減らすこと」
この時点で、あなたが考える事は
住宅ローンの支払いが遅れてしまったのは「一時的なもの」なのか。
それともしばらく住宅ローンが「払えない状態は続きそう」なのか。
収入が落ちてしまったので、今後も「長く住宅ローンを払える見通しが立たない」のかです。
 

住宅ローンの支払いが遅れてしまったのが「一時的なもの」でなければ、今すぐにお金を借りている銀行に毎月の住宅ローンの支払額を減らせるように相談しましょう。

住宅ローンの返済額を減らすには「住宅ローン借り入れ期間の延長」という方法があります。

借入期間が長くなれば、それだけ毎月の返済額は減らせますから、住宅ローンの支払いが遅れる事は無くなりそうですよね。

銀行各社では新型コロナの影響で「毎月のローン返済額を減らしたい」という相談が増えているようですが、金融庁から「住宅ローンの相談は柔軟に対応するよう金融機関に通達が出ている」こともあり、住宅ローン組み入れ手数料を無料にするなどの措置を取っている銀行もあります

しかし、この場合のデメリットもあるのでしっかり考えましょう。

住宅ローンの返済額を減らす場合のデメリット
  • 住宅ローンの返済総額は多くなります。(返済期間が長くなるため)
  • 返済期間が長くなるので、退職後も住宅ローンを支払わなければいけない

この時点で、新しく住宅ローンを借り換えする事はできません

住宅ローンの借り換えには「過去1年間に住宅ローンの滞納がないこと」を条件に挙げている銀行がほとんどです。

今の住宅ローンを借りている銀行で住宅ローンの月々の返済額を減らす方向でまずは考えてみましょう。

 

住宅ローンの支払いが遅れたら『督促状』が届く

滞納1か月~3か月目

住宅ローンの『催告書』が来ても無視して何もしないと次は『督促状』が届きます。

『督促状』が届いたら、危険信号です!

この時点であなたは「ブラックリスト」に載ってしまいます。

ブラックリストに名前が載るとどうなる?
  • 個人信用情報に傷がつく
  • 新しくローンを組めなくなる
  • クレジットカードが作れなくなる
  • 賃貸物件でも拒否されることがある

ブラックリストとはあなたがお金を借りたり、クレジットカードを作る時に「お金の信用にかける人物」として情報が載ってしまう事ですよね。

ブラックリストからあなたの情報を消すには5年~10年もかかります。

住宅ローンの支払いが早くてたったの3か月で「ブラックリスト」に乗ってしまうのですね!

この時点では、住宅ローンの支払いができなかったのはたったの数か月ですから、そんなことでブラックリストに載るなんて考えられないと思いますが、お金を貸した銀行はとてもシビアにあなたを見ているんですね。

お金を貸した側とは「温度差がある事」のも知っておかないと、あとで「損」をしてしまいます。

 

この時点で考えたいことは「自宅の売却」
住宅ローンの支払いが遅れてから「たったの数か月」では、まさか自分が住んでいる思い入れのある家を手放すなんて考えもつかないと思います。
この時点で住宅ローンの滞納金を全て支払えるのでしたら一刻も早く支払った方が良いです。
でも、もし住宅ローンの滞納金を支払えなくて、今後も支払えない状態が続きそうならこの時点で「自宅の売却」を検討する段階に入った方が賢明ですよ!

今ならまだ自宅を「通常の売却方法」で売れるラストチャンスだからです。

ずるずると引き延ばしていると、あなたが不利になる一方ですからまだ「売却する」と決めていなくても、どんな方法があるのか検討段階に入っても良い時期だと思います。

 

自宅を売って、そのまま自宅を借りる事も出来る

「自宅を売却する」というと、自宅を引っ越すイメージがありますが、今の時代は「自宅を売って、売ったところから自宅を借りて住む」こともできるのをご存知でしょうか

住宅ローンの支払いが遅れて『督促状』が届いても、自宅を売って、借りて住めば自宅を売却した事は近所の人や親戚、友人知人にも知られることはありませんよね。

とにかく、この時点で早めに対策を始めたほうが良いですね!

次の段階になると、更に恐ろしい事態になってしまいます・・・。

 

住宅ローンの支払いが遅れたら『一括返済の催告書』が届く

滞納3か月~6か月目

「一括返済の催告書」が届くと・・・。

  1. 「一括して返済しろ」と住宅ローンを借りた銀行に言われます
  2. 自宅を売却するのは「任意売却」でしか売れなくなります

 

そもそも住宅ローンとは、一括で住宅の購入額を支払えないから、貸し出したお金を分割で返すサービスです。

『催告書』が届いたという事は、住宅ローンの返済ができない=「住宅ローン契約を守れない」と住宅ローンを借りた銀行に判断されて、「分割での返済を無効」にしてしまった状態です。

こうなると、あなたは住宅ローンを「一括で支払わなくてはいけなくなる」のですね。

一括で支払えないから、住宅ローンを借りたのに、支払えないと一括で返してくださいとなってしまうのです。

 

この時点で考えたいことは「自宅の任意売却」

一括で住宅ローンを支払える人はほとんどいませんから、ここで考えるのは「自宅の売却」ですが、この時点ではもう「通常の売却」ができないので「任意売却」の手続きを取らざるを得ません。

任意売却とは住宅ローンを借りている銀行があなたの住宅ローンに残金があったことを知ったうえで「売却」を許可して、あなたが自分の家を売却する方法です。

つまり、あなたは自分の家を売るのに「銀行の承認が必要」で、この時点で家を売るのに書類や手続きも多くなり、家を売る心配だけでなく、更に面倒なことになって来ます。

「任意売却」は残債が残っていても自宅を売る事が出来ますが、あなたは今の家を売っても今の家のローンが残る状態になってしまいます

「任意売却」には銀行と不動産会社の協力が必要ですから、早めの判断を急いだほうが良いですよ。

住宅ローンを借りている人の「任意で自宅を売却する」ことになるので、明け渡しの時期は自分で決められます。

自宅を売却して銀行へ返す金額や返済方法などもまだ相談ができる時期です。

 

『一括返済の催告書』はレッドゾーン一歩手前です。
この段階でなんとか手を打ちましょう。

悲しいですが、『一括返済の催告書』も放置していると更に恐ろしいことになります。

次は「競売」となって、大切なマイホームが買いたたかれるようになりますし、強制的に立ち退きを裁判所に命じられ、あなたの家が競売にかかっている事を世間が知るだけでなく、滞納した金額に遅延金が上乗せされて借金がどんどん膨らむなど最悪の状態になってしまいます。

そうなる前に一刻も早く、自宅を「売る」か「売ったところから自宅を借りて住む」かの選択をしましょう。

この時点でもまだ間に合いますから、どうせ売るなら「高く」そして「有利」に行いたいですよね。

 

住宅ローンの支払いが遅れたらとうとう競売開始・・・

滞納8か月~10か月

とうとう『現況調査報告書』が届く・・・。

『現況調査報告書』とはあなたの家の競売手続きがスタートしたお知らせです。

これは自宅の状況についてヒアリングしたり、写真を撮影したり、間取りの確認や自宅周辺の調査を裁判所からの権限で執行官や不動産鑑定士が調査しても良いことになります。

もし、あなたが家を留守にしていても裁判所には「権限」がありますから、あなたが拒否することはできません。

悲しいのですが、あなたの家は調査員によって強制的に調べられるのですね。

競売が実際に始まる前であれば「任意売却」はまだギリギリ間に合いますが、時間切れとなる事も多いですから、とにかく早めの対応をしたいですね!

 

住宅ローンの支払いが遅れたら『競売』になるとこんなに怖い

滞納10か月~12か月

ついに『期間入札決定通知書』が届く!

『期間入札決定通知書』とはあなたの家が競売にかけられる日はいつですという通知です。

この通知が出るとインターネットであなたの家が競売にかかっている事が世間に知れる事になります。

入札が開始されると、あなたの家はオークションにかけられて、入札したい人の中から最高額で売れることになりますが、競売物件は元々の金額が買いたたかれているので、あなたの住宅ローンを全部返済できるような金額でマイホームが売却できることはありません。

ここまで来ると、あなたの家はいつ落札されてもおかしくない状態です。

こうなるともう時間の問題ですから、住宅ローンを借りている金融機関が「任意売却」を許可することはありません。

 

『競売』になるとどうなる?!
  • 住宅ローンの滞納から「競売」にかけられている事が世間に知られる
  • 自宅が買いたたかれる
  • 自宅は強制立ち退きがあり「引っ越しの時期」も選べない
  • 自己破産の確率が高い

競売になると住宅ローンを滞納している事が知られると恥ずかしい思いをするだけではありません。

引っ越しの時期も選べませんから子どもが家の近くの学校に通っている場合は急な転校になり、家族にも悲しい想いをさせてしまいそうです。

競売になると借金を返せないという理由で「自己破産」を余儀なくされる場合も多く、次の引っ越し先を購入しようと新しく住宅ローンを組むのは当然できませんし、後は車を買いたくてもローンが通らず、クレジットカードも使えなくなってしまいます。

賃貸物件でも「ブラックリスト」に載っているだけで次の引っ越し先も選びにくくなります。

そうなる前に、一刻も早く手を打ちたいですよね!

まとめ

住宅ローンの支払いが遅れたら、たったの数か月で知らない間に恐ろしいことになるのがお分かりいただけましたでしょうか。

滞納1か月~3か月目で『催告書』が届いたら、銀行に月々の返済額を減らす相談をしましょう。

滞納1か月~3か月目で『督促状』が届いたら、ブラックリストに載ってしまいます。
この時点で自宅の売却を考えましょう。

滞納3か月~6か月目になると『催告書』が届きます。
こうなると「自宅を任意売却する」方向性で考えましょう。

滞納8か月~10か月で『競売』が始まってしまいます。
たったの数か月であなたの大切なマイホームが奪われてしまう前に、できる事をやっておきたいですね!

コロナウイルスは一瞬のうちに私たちの生活まで変えてしまい、収入が減ったり、働き方を変えたり。悲しいですが退職を余儀なくされた方も多いと思います。

住宅ローンの支払いが遅れて、そのまま放置しているととんでもないことになるのを知らないと、結局のところ損をしてしまいます。

思っている以上に住宅ローンの支払いが遅れるのは危険だと言えるでしょう。

コメント