香港は金融最先端の街!デモによる警戒レベルが高まる中、香港に行ってきました!

お金をふやす

香港は金融最先端の街!デモによる警戒レベルが高まる中、香港に行ってきました!

香港のデモの様子は毎日のように報道されており、香港の状況はご存知の事と思います。
そんな中、10月にファイナンシャルプランナーの仲間と一緒に香港に行ってきました!

なぜ?今なの?というお声も聞こえてきそうですね。
一部の方には香港に行くことをお伝えしておりましたが、私が行くことを決めた理由は金融最先端の情報を得て、皆さんにお伝えしたいと思ったからなんです。

事前には占い師の先生にもお願いして香港への旅が無事であるかを見てもらったりして(笑)
私も少しは心配していた香港行き・・・。
今回は、実際に見た香港はどんな街だったのか、どんな学びがあったのかをお伝えしたいと思います。

香港のデモが長引く中行ってみたら平和な街だった

実際に行ってみると、全然平和でした!
報道を見ているとまるで香港全土でデモが行われているような錯覚を起こしてしまいますが、デモが発生しているのは一部でその場所に近づかなければ、影響はないんですね。

報道と現実はいかにかけ離れているかを実感・・・。

秋の台風で千葉県で水災が発生した際も、外国では「もう日本は終わり」のような報道がなされていた事を思い出しました。

(スターフェリー乗り場にて。対岸に渡ると金融街です。)

 

香港人は日本が好きな人が多い

親日である香港ではユニクロはもちろん。GUや無印良品、ドン・キホーテもありましたよ。(笑)

日本の芸能人の広告が貼ってありましたし、地下鉄のニュースにも「北川景子似の~」なんて広告も見かけましたので香港人の多くは日本に関心を持っているようです。

香港の若い人とお話する機会があったのですが、日本には何回も旅行で来られたそうで、昨年は大阪に、来月は東京に行くと話されていました。

友人たちも皆さん日本に来られている様子でした。「日本はとてもきれいで旅行が楽しみ」と仰っていた雰囲気が、まるで国内旅行にでも行くような気軽な旅行という感じだったのが印象的です。

日本はデフレの期間が長かったので、その間他の国はインフレが進んでいましたから「日本の旅行は安い」という感覚のようですね。

 

香港はアジア最大級の金融の街

今回、私は香港に行った目的は香港の金融事情を伺う機会があったからです。

香港の金融機関は銀行はなんと100社以上。保険会社も60社以上あるんですよね。東京の半分と言われる面積の香港でこんなに金融機関が発達しているなんてすごいことですよね!

もちろん各銀行や保険会社は競争して良いサービスをお客様に提供していますから、日本よりも格段に良い商品があるのも事実。

日本にもある保険会社の商品も香港で発売されている内容とは違うんですよ。

 

香港の人々はお金の基礎知識を持っている

香港人は学校でお金との付き合い方を学んでいます。

長期でお金を運用して資産を作るのは当たり前の発想で、資産を子や孫の代までつなげていく思想を持っています。

一番、日本との違いを感じた事は投資への概念なのですが、日本人は「お金を殖やす目的」で投資をしますが、香港の人たちは「お金を減らさない為に投資をする」ここが違いですね!

つまり・・・!
香港人はお金との付き合い方を知っていて、お金持ちが多いんですね~。

お金を殖やす仕組みは一つではなく複数。
多ければ多いほど良いと考えているようです。

また、香港ではインフレ率が8%も上がったことがあり、インフレは進むものと捉えています。こうした背景もありお金を減らさないために投資を行う発想があるんですね。

香港の街の至る所にコンビニくらいの頻度で存在する「宝飾店」。
資産は銀行に預けるだけじゃなく、身に着けておくという発想ですね。


金の豚さんがいくつも連なっているネックレスをよく見かけましたよ。
デザインセンスは別として(笑)その需要を感じました。

 

香港は、ほとんど「税金がかからない」

香港で買い物しても日本のように消費税はかかりません。
それだけでなく、配当税や相続税、住民税もかからないんですね。
所得税はかかりますが、一律15%程なので日本のようにたくさん働いたらその分税金で持って行かれるという感じではないようですよ。

税金がかからない事もお金持ちが多い大きな理由だと思います。

 

香港人に学ぶお金の管理は「仕組みを持った人が勝つ!!」

日本ではどうしても税金がかかってしまいますから、その部分は仕方ないとしても、お金を殖やす仕組みを持つ部分については取り入れられそうですよね。

投資を成功させるには「長期」「分散」が鉄則!
自分で投資先を決められないなら運用が上手な「保険」にお任せするのがやっぱり一番の方法だなと感じました。

追伸:香港は英語が通じます。私のつたない英語力でも大丈夫でした(笑)

 


無料でお金に関する相談を行っています!

知らないと損をしてしまいます!
このサイトの読者限定で無料ライフプラン相談を行っています。
ブログではお伝えしきれない情報があります!
詳細ページをご確認の上、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ

資産づくりは短期では不可能です。

最短でも15年ほどは必要ですから、少しでも早いうちに将来のご自身のためにお金を殖やす仕組みをできるだけお持ちになる事をおススメ致します。

 

コメント