【生活費をやりくりする方法】誰でもうまくいく4つの方法と知っておくべき2つの事

お金管理「知恵袋」

【生活費をやりくりする方法】誰でもうまくいく4つの方法と知っておくべき2つの事

生活費をやりくりする方法が身についたら、おうちのお金で困ることが減りそうですよね。

生活費をやりくりとなると誰もが苦しそうなイメージを想像してしまいますが、4つのポイントをおさえると誰でもうまくいくんですよ!

そして知らないと「損」をする2つのこともお伝えします。

 

▼動画で見たい人はコチラ!(9分32秒)

【生活費をやりくりする方法】節約術を身に着ける

簡単に誰でも節約術を身に着ける方法があります。
まずは節約ができるスキルを身につけましょう!

下記のリンクで節約方法を具体的にお伝えしています。是非参考にしてみてくださいね!

 

【生活費をやりくりする方法】固定費を見直す

生活費をやりくりするとか、節約と言うと外食を減らしたり、食費をおさえたり、お父さんのお小遣いが減ったり・・・など、細かい部分に目が行きがちですが、劇的に家計の改善を目指すなら「固定費を見直す方法が効果的」です!

固定費とは住宅費、保険料、携帯電話、電気ガスなどの光熱費を指します。
これは毎月かかるものですが、固定費部分は節約対象として見逃しがちではありませんか?

具体的な節約方法はこちらも参考にしてみてくださいね。

【生活費をやりくりする方法】貯金体質になる

家計管理を成功させるには貯蓄ができる体質改善が必要です。
貯蓄ができないと、将来的に必要な資金を作る事ができません。
生活費をやりくりするなら、まずは貯蓄スキルを磨きましょう!

具体的な節約方法はこちらも参考にしてみてくださいね。

【生活費をやりくりする方法】ライフプランを作って将来を想像する

ライフプラン作成が家計管理のスタートラインといってもいいくらいライフプランは重要です。
ライフプランとは将来的にどんなお金がどれくらい必要になるのかが把握できるツールで、ライフプランが無いと私たちファイナンシャルプランナーも解決策を提示することができないくらい大切なものなのです。

ライフプランはそのご家族の構成、収入を得る人は誰なのか、お子様がいるのかどうか。お子様がいる場合はいつのタイミングで何年生になるとか、教育資金がピークの年はいつなのか。
定年はいつなのか、その先の生活はどうなるのかまでを予測してプランニングします。

生活費をやりくりするなら知っておきたいですよね。

ライフプランを作って初めてここから本当の意味でのおうちのお金管理が始まるのですね。

こちらも参考にしてみてくださいね。

【生活費をやりくりする方法】チェックしたい2つのことは?

家計を改善するために具体的な行動をしても実際に家計が改善されたのか、確認する方法も知っておきたいところですよね。

 

あなたのおうちの生活費を把握しましょう!

生活費とはあなたが生きていくために必要なすべての金額を指します。
おうちのお金管理においてとても大切な数字です!

服を買う、旅行に行くお子様のためや趣味に使う嗜好品を買う。
これも全部あなたの必要経費ですよね?

あ、私はこうしたところを切り詰めてなんて苦しいことは言わない派のFPなので、安心してくださいね(笑)

あなたにあなたのおうちの生活費はいくらかかっているのか、正しく知って頂くことが需要なのです。

 

生活費をすぐに把握する方法

これから3つの質問にお答えいただくだけでざっくりですが、あなたの生活費が分かります。
紙とペンを用意してちょっと試してみてくださいね。

あなたのうちの生活費はいくらですか?

まず、あなたはあなたのうちの生活費はいくらくらいだと思いますか?

まずはあなたが思っている生活費を書いてみてください。

直感でも、計算しても良いのであなたが思う生活費を書いて頂くことがポイントです。

 

では次に、質問に答えてください。

質問1.
あなたは毎月いくら貯金をしていますか?

貯金0でも大丈夫。今のあなた知るだけなので、ここは心配しないでくださいね。

質問2.
あなたは毎月残るお金がありますか?

ここも0でも大丈夫ですよ。

質問3.
あなたの一か月の収入はいくらでしょうか?

さて、これから算数です。
質問の3つの数字を見ながらこの簡単な計算をしてみてください。

質問3-質問1-質問2=?円

例えば、
質問1. 0円
質問2. 0円
質問3. 30万円
とすると、その答えは
30万円-1万円-0円=29万円

こうして算出した29万円が
これが「正しいあなたのおうちの生活費です!」

この数字が良いとか悪いとかではなく、今の目的は今の現状を知る事なので、心配したりしないで大丈夫ですよ。

最初にあなたが思う、あなたのおうちの生活費を書いて頂きましたよね。

次に算出したあなたのおうちの正しい生活費と金額に違いはありませんでしたか?

これくらいかなぁと予想通りでしたか?

この差額のお金って一体何なのでしょうか。

 

『使途不明金』の存在を知りましょう

先ほど、あなたのおうちの正しい生活費を算出したあなたは「こんなに使っているかなぁ?」とこうした印象を持ちましたか?

もし、あなたが家計簿をつけている人なら計算が合わなくなって家計簿をつけるのが嫌になった事
ありませんか?

これは「何に使ったのかわからないけど、お財布のお金が減っている不思議な現象」が原因です。

なんとなくイメージできませんか?そう、まるでホラーですよね!

あなたに知っておいて頂きたいのは「何につかったかわからないお金の存在」です。

これを「使途不明金」と言います。

使途不明金は多かれ少なかれ、どのおうちにも必ずあるものです。

 

「使途不明金」はおうちの「埋蔵金」と捉えましょう!

生活費はあなたや家族が生活するための必要経費ですから、無理に削ることはできませんよね?

ただ「使途不明金」は何となく使ってしまったお金ですから言い換えると

「使わなくても良かったはずのお金」ですよね。

何となく使ってしまったお金があるなんて、ちょっと悔しくありませんか?

 

使途不明金をへらすと「おうちの埋蔵金」になります

生活費をやりくりするなら、まずは使わなくても良かったはずのお金を少しでも貯蓄に回す意識を持ちましょう。

使途不明金を減らせば減らすほど、生活費のやりくりがしやすくなると思います。

その分、貯金も出来そうですよね。

ここまで読んで頂いたあなたには使途不明金を退治する魔法の呪文をお伝えします。

“NEED? or WANT?(必要なの?ほしいだけなの?)”です。
お買い物をする時は一瞬立ち止まって、つぶやいてみてくださいね。
この買い物は「必要}それとも「欲しいだけ?」
 
生活費をやりくりするなら使途不明金を退治して、貯金を殖やしていきましょう!
 

まとめ

生活費をやりくりするなら「節約術を身に着ける」「固定費を見直す」「貯金体質になる」「ライフプランを身に着ける」この4つのポイントをおさえましょう。

そして、生活費をやりくりするためにあなたのうちの生活費はいくらなのか、使途不明金は退治できているのかを確認することもポイントでした。

しっかり押さえておうちのお金をしっかり管理して改善していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました