知らない電力会社で大丈夫?停電や倒産や自然災害時はどうなる?

節約術

知らない電力会社で大丈夫?停電や倒産や自然災害時はどうなる?

電力の自由化が始まって、家庭でも電機会社を選べるようになりましたが、知らない名前の電力会社と契約をするのはちょっとと思う人もいらっしゃいます。

今回は知らない電力会社と契約する時の心配事である突然停電になった場合や倒産の心配。自然災害が起きた時のなど疑問とどう考えればよいのかをまとめてみました。

知らない電力会社で突然停電になる可能性は?

安い電気会社に人がたくさん契約すると電気の供給が間に合わず、もしかしたら停電の頻度が上がるかもしれないという不安ですね。

しょっちゅう停電になることはない

電気を供給する送電会社は「必ず電気を届ける」ことになっています。

電気を届ける裏側の作業で、株取引のような、電気を円滑に供給するために売り買いするマーケットの存在があるんですね。

もし電気が足りなくなったら電力が余ってる他の会社の電力を安く買う作業を行って、電気を送り続ける仕組みになっているんですね。

それでも足りない場合は、電力会社ではなく電気を流している送電会社が強制的に支持を出して余っているところの電気を流す仕組みになっています。

ただ、強制的に流した場合は電力会社が送電会社に支払う料金が高くなってしまうのです。

これは電力会社が送電会社に支払う金額ですから、おうちの電気料金がいきなり高くなることはありません。

でもこうした事態が続けば電気代が「値上がり」する可能性もありますし、最悪倒産につながる事もありそうです。

 

複数社の電力会社プランを無料で一度に比較!1番安い電力会社を探そう
電気料金一括比較|電気代を賢く節約-でんきの比較インズウェブ

 

知らない電力会社だから倒産が心配

電力の供給が円滑に出来なかった場合が重なると倒産の危険が高まることが分かったところで、実際に倒産したらどうなるのかを知っておきたいですよね。

もし倒産したら「即」次の電力会社と契約

倒産となっても、おうちの電気がつかなくなることは無いように、送電会社が強制的に電気を家庭に送ります。

倒産になってもおうちの電気がつかない事態は避けられるのは分かりましたが、強制的に送られる送電会社の電気料金は「高い」ことも分かっています。

ですからそのままにしておくと電気代が高くつくので危険なんですね!

こうした状況を回避するため、倒産の連絡が来たらすぐに他の電力会社を探す必要はありそうです。

知らない電力会社で大地震が起きたら?

大地震や台風被害が深刻となっている昨今で、こうした災害時に電気が止まるなどの事はあるのか心配になりますよね。

災害時の停電は発電所や電線などの破損によるもの

災害時であっても電気が止まる事はありません。災害時に電気が止まるの現象は、発電所や電線、鉄塔などの電気を送る物理的要素が壊れてしまうからなのですね。

知らない電力会社という理由で大地震や災害に弱いことは無さそうですね。

知らない電力会社で詐欺が心配

知らない電力会社だと詐欺を疑ってしまう事もありますよね。
よくあるのは「電気代が安くなる」と電話がかかってきてからの訪問パターンです。

電気代が4割も安くなるのは不自然

知らない電力会社だし、聞くと電気代が4割も安くなるとの事。

電力の自由化で電気料金の価格競争が発生しているのは確かなのですが、専門家によると4割も電気料金が削減できるのはいくら何でも安すぎて怪しいそうですよ!

目安としては月1,000円くらいの節約が出来る感じです。

月1,000円だとしても年間12,000円。10年で12万円もおトクになるなら節約効果は高いですよね!

 

年齢を聞かれるのも不自然

詐欺の話に戻ります。特に詐欺に狙われるのは「高齢者」が多いですよね。

年齢を確認したのは高齢者だとだましやすいと判断したのかもしれません。

こうしたちょっとしたことに気を付けて、詐欺の可能性を疑った方が良いですね。

 

詐欺を回避するには調べる事が大事

・名刺やパンフレットなどをもらっておく
・その場で契約するのは絶対ダメ!

名刺に書かれている会社は存在するのか。
インターネットに会社情報が公開されているのか。
後でしっかり調べましょう。

おうちに来てまで話をするのは怪しい業者だと思って良いかもしれないですね。

電気料金を比較して調べる方法

知らない電力会社でも契約時に注意する事や心配な事がわかったところで、実際にあなたのおうちの電気料金がどのくらい節約できるか知っておきましょう。

電気代一括比較サービス はたくさんの電力会社のプランを一度に比較して最適な電力会社を無料で見つけるサービスです。

まずはどのくらい節約できるかだけでも確認をしてみると良いと思います。

 

まとめ

知らない電力会社だとしても仕組みや考え方を知る事で、どんなところに注意するのかわかります。

新しいことにはなかなか一歩踏み出せないものですが、今の時代はなかなかお給料は増えませんから「節約」がキーワード。

しっかり賢くおうちのお金を守っていきたいですよね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました