デジタルマネーのメリット・デメリットを理解して自分に合った使い方が問われる時代

お金管理「知恵袋」

デジタルマネーのメリット・デメリットを理解して自分に合った使い方が問われる時代

Fintech(フィンテック)って言葉聞いたことありますか?

これは、金融とIT技術を組み合わせてお金の流れを便利にしようとする仕組みです

日本でのFintech元年は2018年なんですって!中国では屋台で買い物するにもスマートフォンでQRコードを読み取って支払いを済ませるみたいですよ。

これは中国紙幣の偽札が出回っているって背景もあるようですが・・・
もう買い物をする時に紙幣やコインがいらなくなる時代はそこまで来ています!

節約術として現金を袋分けにして使いすぎ無いように節約する方法を私はお伝えしておりますが、そんなお金の管理法はもう、古い時代のお金の管理方法になる日も近いんじゃないか?と思ったり・・・

そこで、今回はデジタルマネーのメリット・デメリット。
そして、あなたに合った使い方のヒント
をお伝えしたいと思います。

 

デジタルマネーの種類とメリットとデメリットは?

電子マネーはお聞きになった事ありませんか?
デジタルマネーとは電子マネーを含めた紙幣ではなく電子化されたお金の総称です。
広い意味合いで呼ばれています。

デジタルマネーにはどんなものがあるか。
そしてメリット、デメリットを確認しておきましょう。

主なデジタルマネーの種類

名称  画像 特徴

支払い時期

クレジットカード 世界的に普及 後払い式

ICカード

チャージ上限あり 前払い式
スマートフォン決済 支払いだけでなく個人間送金も可能

即時決済

デビットカード(銀行系)

即時に銀行口座から引き落とし 即時決済
仮想通貨 価格変動が大きい  

デジタルマネーのメリットとは?

デジタルマネーはなんと言っても、使いやすくて便利なところですよね。

お財布から紙幣を必要な枚数出したりコイン数えて取り出さなくてもクレジットカードはお買い物ができます。
電子マネーは機会にカードをかざせば「一瞬」で支払いが終わります。

交通系電子マネー(ICカード)なら駅で切符を買う必要もありません。
バスに乗る時もご銭を気にする必要もありません。

これは便利すぎませんか?!
電子マネーを初めて使った時、「すごい・・・」と感動したのを私も覚えているほどです。

忙しく移動している時など本当に便利さを感じます。

ICカードをかざすだけで残高が見え、使える範囲もますます広がっています。

あなたがいつも行っているお店でも徐々に電子マネーで支払いができる環境が整ってきていませんか?

2018年10月24日の日経新聞に 気になる記事がありました。

厚生労働省は「企業などが電子マネーで給与を従業員に支払えるよう規制を見直す方針を固めた。」

これが実現されると・・・
貨幣ではなく、電子通貨のお財布が主流になって来るってことです。

ここに記載させて頂いたデジタルマネーはほんの一部です。

 

デジタルマネーのデメリットとは?

デジタルマネーは便利な反面「怖さ」を感じませんか?

デジタルマネーが普及するとコンビニでも使えるし、自販機でも使えるし、お財布を出さずに買い物ができてとても便利で良いのですが便利な反面「使いすぎてしまう」のではないかと私は心配しています。

その具体的な怖さとは?

デジタルマネーは種類が多すぎる

選択肢が多いのは良いことですが多すぎるとかえって選べません

何となく、何かのキャンペーンがきっかけでその電子マネーを使うことになったとか友人や知人が使っているから同じ電子マネーを使っているとか。そんな感じで選んでいませんか?

友人や知人があなたと全く同じライフスタイルを送っているとは限りませんよね?

デジタルマネーの特徴を見極めてからあなたの生活に合ったものを選びたいものですよね。

 

デジタルマネーは他人にお金を取られる心配がある

知らない間に買い物されていたとか、電子マネーの残高が減っていたとか、不気味な現象があるのではないか、不安に思われる声があります。

銀行系デジタルマネーはIDとパスワードを他人に推測されにくいよう注意を促しています。
また他のパスワードと同じものを使わない。
セキュリティを何重にも仕掛けるように
工夫をするように促していますね。

電子マネーは「非接触型」といって読み込み器にタッチしなくても決済出来てしまう機能があります。

悪い考えを持った人が電子マネーを読み取るカードリーダーを利用して、人が込み合う場所、電車の中や駅、混雑するデパートなどで電子マネーのお金を取るサイバースリが多発しているようですよ。

あなたがスマートフォンで電子マネーを使っているなら、カバンやポケットの中のスマートフォンが狙われます。

交通系ICカードを昔の定期券同様バックにぶら下げる行為はお金を取ってくださいと言っているようなもの。怖いですよね。

 

デジタルマネーは知らないうちに買い物をしすぎる

これは、他人に使われるのではなく便利さ故、あなたが記憶の無い買い物、使途不明金が多くなる事の危険です。

デジタルマネーが普及するとコンビニでも使えるし自販機でも使えるし、お財布を出さずに買い物ができてとても便利で良いのですが便利な反面「使いすぎてしまう」のではないかと心配しています。

デジタルマネーでなくて現金であっても使途不明金はどこもおうちでも発生するものですから、もしあなたのおうちが使途不明金が多いのであれば、更に注意が必要ですね。

共働きで、収入と支出が見えにくいご家庭は近い将来デジタルマネーでお給料をもらうようになると、ますますお金の流れが見えにくくなりそうで私は心配しています。

 

デジタルマネーのメリット・デメリットを理解して自分に合った使い方を見つけよう!

キャンペーンなど、目先の利益で選ぶのではなく電子マネーもあなたが普段使うサービスに関係があるものを選ぶと良いと思います。

よく電車に乗る人は交通系ICカード
インターネットで買い物をする人はネット系の電子マネー

キャンペーンは一瞬で終わりますがあなたが普段使うサービスは長く付き合うことになりますから
ポイントが付く場合は当然長く付き合うデジタルマネーの方が結果的にお得です。

 

デジタルマネーを選ぶポイントは?

デジタルマネーをこれから選ぶならどんなことに注意すれば良いのか確認します。

 

セキュリティがしっかりしている事

電子マネーのスリはスキミングと言う方法で電波を使ってあなたのスマートフォンにアクセスしてきます。

ICカードにスキミング防止カードも入れておくスマートフォンはスキミング防止ポーチに入れるなどの対策ができそうです。

プリペイド式(先払い)電子マネーはあなたの名前、住所、連絡先などの所有者情報を登録しているともしスリなどの被害に合っても補償されるものがありますよ。

あなたのお金に「あなたの名前を書くこと」ができますね!

 

あなたが管理しやすいこと

せっかく便利なデジタルマネーも便利さにのまれてしまい、ついつい使いすぎて使途不明金が多くなってはよろしくありませんね。

時代と共にお金との付き合いも進化していく中、一番大切な事はあなたのお金はあなたがしっかり管理するこうしたホームマネー・マネジメントの考え方です。

ホームマネー・マネジメントがしっかり身についていると、あなたが自分でルールを決めることができます。

 

デジタルマネーを使いこなすヒントとは?

便利なツールでもお金を使いすぎては本末転倒!
使いすぎを防いでしっかりお金を管理するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

デジタルマネーの使いすぎを防ぐにはルールを決めましょう

あなたのお金はあなたが守る以外に誰も守ってくれません。
ルールを決めてしっかり守りましょう!

 

電子マネーを使うときのヒント

先払い式(プリペイド型)電子マネーは月に1回、もしくは週に1回だけしかチャージしない。
その範囲でお金を使っていくと決めましょう。

 

クレジットカードを使うときのヒント

クレジットカードは後払いなので買い物した瞬間にお金は減りませんから更に注意が必要です!

そこで、クレジットカードの支払いは毎月一定額出ていく「固定費」だけにするこれが一番おすすめの方法です。

毎月の生活費として必ず支払いが発生するもの。
電気代、ガス代、水道代、新聞代、携帯電話代、保険代など、月々決まっている支払いだけをクレジットカードの支払いにしてはいかがでしょう?

お財布にクレジットカードが入っていると、ついつい使ってしまうという危険がありますので、極論、クレジットカードはお財布に入れなくても良いと思います。

固定費だけでなく、普段の買い物でもクレジットカードを使いたい場合はクレジットを使いこなす2つの「癖」をつけましょう。

1.クレジット決済用の口座を作って、クレジットを使ったらすぐに現金を移す
2.クレジットカード支払いをインターネットですぐに確認をする癖も付ける
このような工夫でお金の使いすぎが防げますよ。
デビットカードを使うときのヒント

銀行の口座がお財布代わりになっています。
これは例えば「生活費」として一定額しか入れないと決めるなど、ルールを決めましょう。

ポイント還元率等々ももちろん魅力的ですがお金を守るという視点は見落としがちです。

これからやってくる時代の転換期においてデジタルマネーはあなたの生活に合っていて、管理ががしやすい事

いかがでしょうか?
時代の波に乗るのは大切な事ですが、お金の管理能力を活用できるあなたはその波に流されなくて済みそうです。

まとめ

時代と共に便利なツールは増えていく一方でもお金の管理が出来なければ本末転倒です。

しっかりとルールをきめて便利なツールと付き合っていきたいですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました